.
  • ホワイトカラーが映えるサーリー・クロスチェックをグランピーペイントで。

    サーリーのクロスチェックは、grumpyでも人気のモデル。
    今回もgrumpyペイントにてオリジナルカラーペイントしました。

    フレームは小豆色にリペイント。
    折角組み上げるならと、汚れるのは承知でホワイトカラーのパーツをチョイスしました。
    この”ホワイト”という色は、上記の理由から選ぶ人が非常に少ないので、
    装着するとすぐに個性が表れる一品。
    さて、詳細を見ていきましょう。

    ハンドル周り。
    メインコンポはシマノのティアグラを採用しました。
    コスパ、変速性能が共に良く、クロスチェックとも相性が良いパーツです。
    バーテープはブルックスのレザーバーテープのホワイトカラー。
    綺麗に手入れをしていけば、いい感じに味が出そうですね。

    シート周り。
    サドルは、使えば使う程柔らかく、乗り心地が良くなっていくブルックスのB17レザーサドル。
    B17は街乗りから長距離ライドまで幅広く使える万能選手的な存在です。
    色合いの変化も楽しめるハニーカラーをチョイスしました。

    ブレーキ周り。
    シマノのコンパクトVブレーキ、シルバーカラー。
    ロードタイプのブレーキレバーでも握れ、制動力が高く、コスパも良し。

    ホイール周り。
    ハブはシマノ105のシルバーカラー、リムはアレックスリムのDM18。
    タイヤはグランコンペのファーストスタッフ、ホワイトカラーをチョイス。
    オーナーの個性溢れるパーツで今回は組み上げていきました。

    さて、サーリーのクロスチェックは「完成車」と「フレーム組み」どちらでもお選びいただけます。

    フレーム組の場合、こちら↓のパーツを使って組み上げると約22万円で完成します。

    ・メインコンポは変速性能が良いシマノのティアグラ。
    ・ハンドルやステム、シートポストはシンプルなノーブランド品。
    ・タイヤは通勤で使いやすいパナレーサーのパセラ、等々。

    クロスチェックの性格に合う、日常使いに耐えるタフさ、消耗品交換の費用も掛からない、お客様に合わせてのパーツやカラーの選択ができる。
    このパーツを組付けたい!あのパーツを組付けたい!といったご要望もお受けできます。もちろん、遠方の方でもご注文可能です。

    自分仕様のSURLY CROSS CHECKを組むならgrumpyまでご相談ください。来店の際に、希望のクロスチェックの画像など教えてくれるとスムーズです!よろしくお願いします。

    2018/08/07 11:42

コメントを残す

.
.-

  • 営業カレンダー

    Calendar Loading
    Calendar Loading
    定休日 イベント
  • Follow us!!



.