.

外に持っていく大事な自分の家(テント)は、ARAI TENT/アライテントが信頼できます。

「いいテントって、どのメーカーですか?」

と、よく聞かれます。

答えは一つ。

「どのメーカーのテントもいいです。」

と言うのも、最近のテントはどこのメーカーも甲乙つけがたく(細かいことを言うと色々ありますが)、使い手によって、使い方も使うシーンも違うから、まずはご自身の使い方をお店のスタッフに伝えるのがいいでしょう。

車で運んで野外イベントなどで使うなら、見た目が良く、人と違ったテントがいいでしょうし、

登山や自転車など、自分の力で運ばなくてはいけないシーンでしたら、できるだけコンパクトになる方がいいはずです。

グランピーでは、後者の、自転車で持ち運んだり、バックパックに詰め込んで背負ったりといった、「人力移動」に特化して、「ARAI TENT/アライテント」をお勧めしています。

ARAI TENT/アライテント  エアライズ1(1人〜2人用)    ¥39000(税別)
              エアライズ2(2人〜3人用)    ¥44000(税別)

アライテントの価格設定は、「安い!」と感動するほど安くありません。決して高くもないですけどね。

ただ、他のメーカーのテントに比べて、このエアライズは汎用性が効くので、相対的にみて安くなるはず。

ARAI TENT/アライテント  トレックタープ ビヨンド    ¥10700(税別)
              コンパクトポール150センチ   ¥4000(税別)

ARAI TENT/アライテント   カヤライズ(1人〜2人用)   ¥13200(税別)
               カヤライズ(2人〜3人用)   ¥14800(税別)

それは、オプションである「トレックタープ」と組み合わせることができること、夏用の「カヤライズ」をエアライズに移植できることです。

ほとんどのメーカーは、季節に応じたテントをなにもかも(テント本体、ポール、フライシート)買い足さなければいけないので、後々の出費がかかさみます。

アライテントはポールとフライシートが使いまわせるので、オプションの何かを買い足して移植するだけで、オールシーズン使えるってわけです。

次にテントの重さですが、他のメーカーと比較して、「並」。

軽くもないけど、重くもない。

山岳用のテントは、1人用テントが700グラムという海外メーカーもありますし、2000グラムを超える国内メーカーもあって様々です。

その間の位置付けとなるアライテントは1500グラム。

メーカーの表記は1360グラムと書いていますが、これはペグやスタッフバッグの重量が入っていない表記です。

ここで、「重さは並か・・・。」と思うのは早いですよ。

驚くのは収納サイズなのです。

アライテントの1人用「エアライズ」は、他メーカーの1人用テントよりも収納サイズが小さいのです。

キャンプ道具の中でかさばるものBEST3を挙げるならば、テント、シュラフ(寝袋)、マット。

その中のテントだけでも小さいものを選ぶだけで、ストレスは軽減されるはずです。

人力移動で運ぶことを想定すると、コンパクト性は最も重要なポイントと言えますよね。

パニアバッグに詰めたり、自転車本体にくくりつけることを考えると、テントは小さい方がいいでしょ?

そして、日本のように湿度の高い気候に合ったテントって、案外少ないんですよね。

だから海外製のテントは、フライシートにおいて加水分解が起こり、シート全体がネチネチしたり、なんとも言えない匂いが発生したりするのです。

日本に会社があって、日本で開発された「ARAI TENT/アライテント」は、信州のアルプスなどでフィールドテストを繰り返し、フィードバックして改良を重ねて製品を作っているから、信頼できます。

「じゃあ、日本製ならいいってわけ?」

そうではないんですよね。

最近、ネットなどで売っている日本製の格安テントは買わない方がいいでしょう。

そもそも、野外で使う自分の家ですよ。

風が吹いて飛ばされたくないし、そんなに回数を使ってないのに雨漏りするのも嫌ですよね。

一晩中、家を気にして眠れないってことになれば、もう次からそのテントは使わなくなります。

使い捨てぐらいの感覚で安いテントを買うのであれば何も言いませんが、

将来のコスト的なことを考えても、安心できるものを使うという意味でも、「ARAI TENT/アライテント」をお勧めしますよ。

スタッフ榎本は15年以上、買い換えることなく、1つのテントを使い続けているそうです。

若い頃バイクで日本を縦断した時、毎晩このテントを家にしていたらしいのですが、その頃と変わらず使えているみたいです。

・・・15年って。

私も色んなメーカーを山行で使ってきましたが、そこまでもったテントはありませんでしたね。

永続性という意味でも、やはり「ARAI TENT/アライテント」がお勧めなわけです。

ちなみに榎本が使用しているのは2人用の「エアライズ」です。

身長が180センチある彼に、1人用のテントはちょっと窮屈感があるかもしれませんね。

なにより、持ってきた荷物をテントの中に入れたいので2人用を選んで使っているそうです。

女性は小柄なので、1人用「エアライズ」でいいでしょう。持ってきた荷物も足元に十分置けるはずです。

そして最後に、自転車で運んでガシガシ使ったテントは、しっかりアフターケアやメンテナンスをしていても、経年劣化はいつか起こります。

メーカー保証がしっかりあって、修理がきくのもアライテントの品質保証です。

さらに、実際にアライテントを使ってきたスタッフがいるお店でお買い求めいただくことをお勧めします。

メンテナンス方法や便利な使い方、そして何よりも自転車で運ぶ時の注意点やパッキングの仕方など、活用できる情報もゲットできますよ。


.
.

  • 営業カレンダー

    Calendar Loading
    Calendar Loading
    定休日 イベント
  • Follow us!!



.