.

特集ページ!保存版! Surly Straggler/サーリーストラグラー が良い理由 カスタム例も紹介です!

サーリーのストラグラーがいい理由。

前カゴも付けれるので、普段乗りで使ってる人も多いです。

ストラグラーが気になってる方は、ぜひ読んでみてください。

サーリーストラグラーは、グランピーでも人気の車種。
初めて自転車に乗る人から、ちょい旅行ったり、いっぱい旅にいったり、普段使ったり、たまにしっかり1日使って自転車を楽しむ!そんな幅の広い使い方ができる車種の自転車です。

ドロップハンドルで楽しんだり。フラットバンドルで楽しんだり。MTBが増車できない人は、MTB風に組むこともできます。

自転車の設計(ジオメトリー)自体は、のんびり走るようになってます。ガシガシ漕ぎたい人や、短い休日を120%楽しみたい人は、パナソニックやオールシティーがいいでしょう。

 

サーリーのストラグラーは、完成車とフレームセットの販売があります。
フレームから組むと、自分だけのワガママ仕様のお気に入りのストラグラーが出来上がります。少し人と違ったモノを所有したいとか、グランピースタイルで乗りたい場合は、フレームセットから組んでいきましょう!

フレーム約9万円、完成車約26万円。フレームから安く(完成車よりも)組んで欲しい!と言う依頼は受けてません。カッコイイのを組ませてください。完成車を購入して、自分スタイルにカスタムする楽しみ方もありますね!

写真は、モトクロスインターナショナルさんから

 

クロスチェックとストラグラーの違いはブレーキです。クロスチェックがVブレーキ&カンチブレーキ。ストラグラーはディスクブレーキです。

ディスクブレーキじゃないタイプのブレーキは、ちょい雨の日に走ると、ホイルがブレーキの黒色の汁がついて汚いですよね。ディスクブレーキって、その汚い心配が全くないので、毎日乗る人や少しキレイ好きな人には「ディスクブレーキ」がオススメです。普通のブレーキよりもメンテナンスが簡単な気がします。

最大の良い点は、ホイールが全部BK色になってカッコいい!!って事です。

ストラグラーが登場して数年が経ちます。発売当時からモデルチェンジがないです。それもサーリーの魅力ですね。数年ごとにモデルチェンジを繰り返す大手と違って、変わらない良いスタイルを継続して提案してるサーリー。

さすがに、色の変更は何度かあります。ま、それはグランピーペイントで解決するので安心してください。過去の色が欲しい場合は、同じようなペイントもできるので安心してください。色で悩む必要なしです!

 

少し、文字が多くなったので、いろんなストラグラー見ていきましょう。

2015年3月にアラスカからやってきた自転車仲間。
グランピーから尾道までの距離120kmをみんなで漕いだ思い出は、今でもよく覚えてます。

その彼女が乗ってたストラグラー650B。
Untitled

 

グランピーの定番仕様の、ヘッドパーツがクリスキング、前後クリスキングハブ、通勤仕様のストラグラー。
Untitled

 

フロントがシングルギア仕様のストラグラー。めちゃくちゃカッコイイ仕様になってます。
Untitled

 

56サイズのストラグラー。ストラグラーの定番は、クランクが46-36のシクロクロス向け。現在では1x11Sユーザーが多いですね!太いタイヤを入れることを考えると、クランクはシクロクロス用がオススメです。(太いタイヤのまま、普通のクランクにすると、ギアが重くなるので)
surly Straggler 56

 

クロモリフレームって乗っててカッコイイサイズがあるんです。50と52で迷ったら、大きめの52を選んでください。クロモリフレームは少し大き目に乗るのが、外側から見ててかっこいいです。

 


 

サイズの目安

サーリーのサイズ感です。参考にしてください。(クロスチェック、ストラグラー、ロングホールトラッカー、ディスクトラッカーなど)

167cm-170cmの人は 50サイズ

170cm~173cmの人は 52サイズ

173cm~178cmの人は 54サイズ

178cm~181cmの人は 56サイズ

このサイズ感は目安なので、股下の長さなどでサイズ感も変わってきます。

 

 

フレームサイズの決め方に正解はないですが、写真撮っててカッコイイ!って思えるサイズ感で乗って欲しいですね。サドルの出具合とか。ステム下のコラムスペーサーの量とか。でも、乗って慣れてくると、フレームのサイズ感も変わってくるので、初めて乗る自転車と、数年後に自転車の身体が出来てくると、1サイズ大きめのフレームになってることがあるので、その辺もサイズ感に心配な方は相談してください。

 


 

ブラックがカッコイイ、ストラグラー。黒だと何も面白くない気がしますが、バットマン好きな自分は、コレが好きです。黒色のパーツを使って組むと、高級そうに見えるので、よくこのスタイルで組ませてもらってます。BK色好きです。
Surly Straggler 50

 

小柄な女性用に組み立てしたストラグラー。これは650フレームに700x25Cを装着です。650フレームには、700x32Cのブロックタイヤまで装着可能です。フレームサイズは42。フレームカラーとクリスキングのカラーだけ決めてもらって、組まさせてもらいました。

 

こちらもサーリーストラグラー650B仕様!これは65万円くらいです!パーツは、ポール、トムソン、ホワイトインダストリーズ、クリスキングなど、男子がワクワクするパーツ構成です。

 

サーリーのFラックを装着したストラグラー。こちらは、シマノパーツを使ってフレームから組ませてもらいました。

 

遠方の方からもオーダーいただいてます。広島に住んでなくても、グランピースタイルで乗ってもらうことが可能です!購入希望の方は、メールか電話で相談お待ちしてます。

 

グランピーペイントで組み上げたストラグラー。カタカナロがいいですね!

ブログ:個性を際立たせるカスタムペイント、Surly Stragglelrを組み立てました。

 

ドロップハンドルで組むのが普通です。が最初はドロップハンドルで乗って、ドロップハンドルに飽きたら、フラットハンドルにすることも可能です。

↑↓同じストラグラーです。現在では街乗り最強として使ってもらってます。

 

ストラグラーフラットハンドルスタイル!ブレーキはシマノSLX油圧ディスク ブレーキ仕様です。MTBスタイルに近い感じで組み立て、たまにMTBライドにも参加できるスタイルがこれです。

↑このMTB風なストラグラーは28万円〜組むことが可能です。

 

グランピーペイントで復活?Surly Straggler/サーリーストラグラー

 

こちらは、マイストラグラー。気になる価格は67万円くらい。組み立て当初はドロップハンドル仕様で乗ってました。

ポールキャンプ風に組んだストラグラー。ハンドル周辺がヤバかったです。

今現在はフラットハンドル仕様です。

 

ストラグラーが登場するYouTubeです!ぜひ見てください。参考になると思います。

 

ストラグラーのドロップスタイルでトレイルを走るとワクワクしますよ!

予算、財布の事情、駐輪場所、、シクロ、、旅用、普段用、自転車を複数台所有したいけど、やっぱ無理!
そんなモヤモヤを解消してくれる自転車こそ、どのジャンルにも対応できるサーリーのだと思います。

もし、何も分からなくて、でもストラグラーが欲しい!という方は完成車の購入をお勧めします。

たまに、安く組んで欲しいと言う相談を受けますが、安く組むことがgrumpyスタイルではないんです。いろいろ妄想と相談を繰り返して、自分だけの最高の一台を手に入れてください。


.
.

  • 営業カレンダー

    Calendar Loading
    Calendar Loading
    定休日 イベント
  • スケジュール
  • Follow us!!



  • カテゴリー

.