.

フロントシングルのクランクセットは、ホワイトインダストリーズで。

バイクカスタムの時に、意外と良く目立ち自転車の印象をガラリと変えるのがクランク周りです。
故に自転車の顔とも言われるのですが、僕がまず最初にオススメするとすれば、ホワイトインダストリーズでしょう!!
なぜホワイトのクランクが良いのか??
サイズが豊富、頑丈、シンプルな見た目と色々ありますが、一言でいうと、「カッコイイから!」
因みに僕も自転車に装着しています。
VBCクランクセットをEBS hobo → Surly Disc Trucker → Soma Grandrandner→ Sig.Randoと4台に渡って使い続け、
ENOクランクセットをSalsa Elmariachi → ハンドメイドMTB → Jonesbikesへと3台に渡って使っていました。
自転車が変わっても、時代が変わっても、クランクは相変わらずホワイトインダストリーズです。
↑Sig.Randoに「VBCクランクセット 50t/34t」を装着。
写真に使っているパーツはこちら。
・クランクアーム
・チェーンリング
・ボトムブラケット
↑Salsa Elmariachiに「ENOクランクセット 32t」を装着。
写真に使っているパーツはこちら。
・クランクアーム
・チェーンリング
・ボトムブラケット
さて、様々な種類があるホワイトのクランクですが、なんでも付けりゃカッコイイと言う訳ではありません。
今、ホワイトを取り付けるならこれが良い!というのがありますのでお教えしましょう!

サーリー  クロスチェック/ストラグラーの場合
フレームは細身のパイプで、市街地のサイクリングやしまなみツーリングで使うなら、「VBCクランクセット」。
ギアはフロントシングルで42tでしょう。
42tは少し軽めなオールマイティータイプで、平地や上り坂でも申し分なく使えるギア。
そもそも、クロスチェックやストラグラーはスピードを出してグングン進むような走り方よりも、
気持ちいい速度(時速20km前後)でサイクリングするのに適した自転車で、そんな速度で使いやすいのが42tです。
 写真に使っているパーツはこちら。

サーリー  カラテモンキーの場合
フレームは太めのパイプ、休日は山遊びに行って、オフロードを楽しみたいなら「M30クランクセット」
ギアはフロントシングル仕様で34tが良いでしょう。
34tは少し重めのギアですが、MTBのリアの変速機が以前よりワイドタイプになって軽めのギアもカバーできるようになりました。
さらに山道専用というよりも、普段は街中を走ってたまに山道も!という使い方なら、実際は舗装路の上を走る方が多いのが現実的な話。
オンロードでもオフロードでも楽しめる両刀使いなら34tで決まりでしょう。
後ろの変速機がワイドギアになって来た今、自転車を問わず、選ぶならフロントシングルで決まりです!
写真に使っているパーツはこちら。
・クランクアーム
M30クランク シルバー 税別37,800円
M30クランク ブラック 税別37,800円
・チェーンリング
TSRx1  MR30  Boost  シルバー 36T~42T   税別11,300円
TSRx1  MR30  Boost  ブラック 36T~42T   税別11,900円
・ボトムブラケット

余談ですが、シルバーパーツを「磨く楽しさ」を教えてくれたのもホワイトのクランクでした。
ありとあらゆる磨き剤を試して良いのを見つけましたので、自分で磨いてみたいという方は良い磨き剤紹介します。
約6年間使用してみて、意外に驚いたのはチェーンリングの耐久性の高さでした。
毎日16kmの通勤、休日には100km以上のツーリング、晴れの日、雨の日。
僕は、「実用的に使えるかどうか」を信念に持ってパーツを選ぶので、自転車を家の中で飾っておく、なんて事はしません。
ガッツリ使います。それでもこれだけ使えています。
もちろん、ホワイトのクランクセットは決して安い物ではないので、正直、消耗品であるギアの部分にそこまでお金を掛けるべきなのか??と疑問もあるでしょう。
ただ、毎日これだけの使ってもってくれれば、コスト的にもOKだと僕は思ってます。
↑6年間使い続けているホワイトのクランク。もう一回オーバーホールして使います!
さて、“末長く使え、流行に左右されない”ホワイトインダストリーズのクランク。
自分の自転車にどのチェーンリングが良いのかわからないという方は、直接店頭までお問い合わせください。
ホワイトのクランクがある生活、楽しんでいきましょう!

.
.

  • 営業カレンダー

    Calendar Loading
    Calendar Loading
    定休日 イベント
  • Follow us!!



  • カテゴリー

.