.
  • パナソニック得意です!長時間、長距離向けのロードバイク!Panasonic ORCD04/FRCD04 最近で言う、グラベルディスクロードです。

    愛車自慢になってすいません。パナソニックのディスクロードバイクをアップデートしたので、報告します。この自転車は2014年くらいに購入。そう、すでに4年前からディスクブレーキ仕様のロードバイクに乗ってました。時代先取りです。

    このロードバイクは、主に長時間乗るように使用。しまなみ海道、とびしま海道、江田島などなど、それっぽい走りをするときに適した自転車です。キビキビした走りを期待する人は、このモデルじゃなくてCXがいいです。

     

    Panasonic ORCD04/FRCD04 エンデュランスロード。
    完成車はこの品番ORCD04。フレームセットはこの品番FRCD04です。タイヤはカタログ値28Cまでになってますが、30Cまで装着可能でした。現在は28Cを装着です。

    ヘッドスペーサーを入れたくなかったので、フレームサイズ590mm。

    トップチューブ570mm、ステム100mm、サドルTOPは745mm。

    男前なヘッドチューブ長さが気に入ってます。身長180cmなので、本来は570mm、580mmサイズが良かったと思ってます。

     

    パナソニックと言えば、このダサかっこいいレーシングカラー。夜写真を撮れば、一段とカッコいいんです。

    フレームバッグがついてないスタイルも好きですね〜。

     

    何度も言ってますが、この車体はBBが低いので、ダッシュに不向き。長い距離を平均速度で走るのに向いてます。オートバイ乗る人は分かると思いますが、BMWのボクサーエンジンのR1150RTに似てますね。もちろん乗ったことあります。(今は1200RT)

    p0003180-01
    写真はBMWから

    もっとダッシュを期待するなら、この車体ではなくCXの方を買ったほうがいいです!乗った瞬間に違いの分かる車体。MTのクルマで、ギアを2速から3速に入れて、ドカン!と来る加速感が味わえる自転車ですね。本気で欲しい一台です。こちらがCX↓

    この車体のブログ記事↓

    パナソニック得意です!Panasonic OCXC06/FCXC06 !パナソニックのクロモリシクロクロスをオンロード仕様に!

    ほとんど見た目が同じですが、走りは別格!タイヤサイズは23C〜43Cまで対応してます。このCXについては、YouTubeでも話してます。

    タイヤサイズを変えれて楽しめる自転車はCXですね。

     

    と言うことで、軽快な走りを求めるならCXのジオメトリーが最強です。

    で、今回の自分のローバイクは、ドロップハンドルにするのは4回目。3回もフラットハンドルに挑戦しましたが、いまいち食いつきが悪かったので、ドロップハンドルに戻しました。

    ハンドルはイーストンEA70AXロードバー。幅は440mm、リーチ80mm、ドロップは120mm。グラベルロードバイクや、長距離走る向けのロードバイクにいいでしょう。価格は9500円!

    何気にクリスキングのヘッドセット。もちろん前後ハブもクリスキングです。自転車は回転系パーツが命。そこの部分に少しだけお金をかけると、満足度が半端ないし、自転車を漕ぐのがもっと楽しくなるんです。

    ツイッター、インスタグラム、フェイスブック、ヤフオク、メルカリなどなど、チェックするものが多くなりましたよね?一生スマートフォンを使いたい人は、クアッドロックのマウントがオススメ!スパーサイクルのベルもオススメ!いい音なので、無駄に鳴らしたくなる。

    サドルはWTBのシルベラード。自分はドロップハンドルの自転車にはコレを愛用してます。MTBやフラットハンドル系の自転車にはボルトを愛用してます。

    もう、これがなくなったらサイクリングが楽しくない!それくらい必要なアイテム第一位です。アピデュラのロードフレームバッグMサイズ。バッグの中には、修理キット、チェーンカッター、カギ、モバイルバッテリー、ウインドベストなどなど必要なモノがいっぱい入ってます。不必要なモノもいっぱい入るので、心配性な人はこのアイテムがあれば気持ちが楽になれます。

    ボトルケージはPDWのバードケージ白色。パナソニックの白色をベストマッチ!マットカラーなので、汚れが目立ちますけど。ボトルを取り出しやすいし、見た目が可愛いので気に入ってます。自分の自転車の90%は、このバードケージが付いてます。

    そしてコレです。ローターのクランク。クランクは30mmアクスルの高剛性なクランクアームを使ってます。チェーンチングはアウター50Tインナー34Tを使用。今風な自転車はフロントギアがシングルですが、この自転車はあえてのフロント2速。

    このORCD04は、BBハイトが低いので、ダッシュが不向きな自転車。だからこそ、このQリングを入れてます。それによって、少しだけ高めの位置からペダリングできるので、少しだけ不満を解消してます。

     

    ペダルはロードバイク用です。この自転車のタイヤは700x28Cのクリンチャー。ペダル選びに苦労しました。28Cならロード用のシューズかなーと。もし32C以上になればMTB用のシューズかなーと。ま、勝手な見た目ですけど。アルテグラのペダルがコスパ最高だと思います。デュラエースのペダルはシャフトが外れる現象があるので、ガチガチのレーサーじゃない自分らはアルテグラでOKでしょう!

     

    フロントが50T-34Tなので、スプロケットは11-34T。この組み合わせだと、ひとまず激坂はクリアできるはず。広島は山が多くて最高なので、山も行けて、平地も速く走れる!をコンセプトに作ってます。

    ベロシティーのリムもカッコいいですね。アルミ製。予算があればカーボンホイールも使ってみたいのですが、クリスキングのハブの回転がいいので、カーボンリムの必要性は無いと思ってますが。(やっぱりカーボンは憧れですね)

    Panasonic ORCD04/FRCD04 エンデュランスロード。

    フレーム・フォークセット145,000円〜

    完成車283,000円〜

     

    少し気になってる方は、変化球なしで質問に答えるので、grumpyでお待ちしてます。良いとこ、悪いとこ、しっかりお話しましょう!

     

    grumpyバイクカタログ見てワクワクしちゃってください!

     

    買っちゃダメです。と言ってるYouTube動画。

    2018/06/26 11:27

コメントを残す

.
.-

  • 営業カレンダー

    Calendar Loading
    Calendar Loading
    定休日 イベント
  • スケジュール
  • Follow us!!



  • カテゴリー

.