.
  • 永く愛用できるアンダーウェアに着替えよう。

    最近のアンダーウェアは、発熱する温かいものや裏起毛の生地の厚いものが人気のようですが、サイクリストには向かないもの。

    漕ぎ出しまでが寒いけれど、一度走り始めたら汗の吸収が早く、乾きも早いものがいいはずです。

    なおかつ、普段着のアンダーウェアとしても使えたら、用途によって買い足す出費もなくて済むので、浮いたお金で新しいパーツが買えますよね。

    今、グランピーで一番おすすめしているのは、patagonia/パタゴニアのキャプリーンシリーズ。

    中でもサイクリストに向いている秋冬のキャプリーンはミッドウェイトサーマルウェイトです。

    左がミッドウェイト、右がサーマルウェイトです。

    肌に当たる生地は、どちらともグリッド構造で保温性がありながら汗を吸収して拡散させる機能が抜群です。

    温かさを求めるなら、少し厚めのサーマルウェイト。

    乾きの早さを求めるならミッドウェイトです。

    ダウンヒルに行ってきたスタッフの清水は、ミッドウェイトが調子良かったそうです。

    ちなみに私はサーマルウェイト派。肌触りがサーマルウェイトの方が好きなのもあるし、寒がりなのでより温かさを求めます。

    そして、汗が滴るほど自転車を漕がないので。

    値段は、ミッドウェイトで7300円〜。(モデルによって違います。)

    サーマルウェイトで11000円〜。(モデルによって違います。)

    おっと、結構高いな。と思われる値段ですが、今お持ちのアンダーウェアと着比べていただけると、その違いがわかります。

    毎日のように着るものですから、洗濯を何度しても首元や生地全体が伸びてしまってはいけませんし、洗うたびに機能が劣化してしまってはいけません。

    ワンシーズン着倒した後の製品を、他社のアンダーウェアと見比べてみるのもいいかもしれませんね。

    永く愛用できて、経済的なのはどちらか納得できると思いますよ。

    ミッドウェイトサーマルウェイト共にボトムスもありますので、こちらもぜひ履いてみていただきたいです。

    思ったよりピタッとフィットしますので、スノースポーツやフィッシングのインナーにいかがでしょう。

    私はというと、さすがに自転車に乗るときは履きませんが、仕事の時や街着では常に履いています。

    乾きが早いので、風邪をひいたときにパジャマがわりにすることも。これなら着替えなくて済むし。

    今が旬でもあるキャプリーン。

    何がどのようにいいのかというのは使ってみないとわからないのが本音ですが、いろんなシーンで使ってみたスタッフから直接、感想を聞いてみてください。

    メリットやデメリット等も全部お話ししますよ。

    2018/12/12 12:45

コメントを残す

.
.-

  • アウトレットセール
  • jones stock
  • tシャツ短パン特集
  • 営業カレンダー

    Calendar Loading
    Calendar Loading
    定休日 イベント
  • Follow us!!



  • カテゴリー

.