.
  • 短時間、短距離でも120%楽しむ、#グランピースタイル の 大人のしまなみ海道ツーリング

    本当に楽しいライドとは、誰とどこを走るか?です。その場所で共感した思い出は、高級パーツよりも満足度が高く、また行ってみたいという気持ちを煽ってくれます。

    コレが自分達(グランピー)の自転車の楽しみ方のスタイルです。YouTube撮って来ました↓

     

    2019年5月5日(日)しまなみ海道まで車で行って、しまなみ海道の良いルートだけを走ってきました。来年も開催します。

    この自然の写真がいい感じですね。

    総勢20人で走るのは久々のライドだったので、誰かが調子に乗って怪我するか心配でしたが、無事に何事もなく終了。

     

    8時半頃に某道の駅に集合!で集まったメンバー。遠い場所からは、福島、神戸から。

    三菱のコルトには前後輪外せばロードバイク2台載せれます。

    9時に某聖地を出発して、距離65kmのライドのスタートです。

    15時には戻ってこれるかなーと思いましたが、予定の2時間オーバーでゴール。それくらい笑顔の耐えないライドでした。

    集団で走るときの難しさもありますが、ルールを決めてしまうと全く楽しくないので、走り方は個々の気の利かせ方と思いやりに任せました。誰も行き先を分からないのに、先に進むスタイルもグランピースタイルです。

     

     

    いろんな自転車が見れるのがライドの醍醐味。仕様の違う3台のPanasonic。サイズが同じだと間違って乗ってしまいそうです。

     

    下りのコーナーで前から写真撮るのは、結構難しいんです。

    とにかく休憩多めです。距離10km以内に2回くらい休憩します。それがグランピースタイル。

    最後尾がいなくなったら休憩。その繰り返し。そのおかげで、普段見れない風景に多々遭遇。今回は修理道具一式持ってきたので、自転車は激重。

    短パン、Tシャツスタイルが自分達の定番。行きはTシャツ、帰りはジャージで、途中で着替えてもいいですね。

    走ってないときの、どーでもいい会話って案外楽しいものです。

    途中、予想外のヒルクライム。漕ぐことを諦めて休憩するのが、グランピースタイル。きつかったら、自転車から降りで歩けばいいんです。

    みんなのために、コーヒーセットを持参してくれたサーリーのディスクトラッカー乗り。

    あえてダートを走って、グラベル欲を高めます。細いスリックタイヤだけだと走れるフィールドが少ない。グランピーメンバーは、ほとんどが32C以上のタイヤ装着!?なので、ドッキリでダートを走る時があるんです。

    橋の見える場所で昼食。ゴールデンウィーク中だったので、激混み。

    その先の馬島へ向かいます。

    View this post on Instagram

    馬島

    A post shared by まえだかつや (@pika_hiroshima) on

    ここの馬島は穴場スポット。この島に上陸するには、巨大エレベーターで橋の上から下へ降ります。20人もいたので、全員移動するまで約10分くらいかかりました。エレベーター内は6人6台が限界なので、少人数のグループライドに是非オススメする島です。

    そして念願のコーヒーです。

     

    今回のライドでは色んな楽しい場面がありましたが、一番のハイライトはこのコーヒーでしょう。次回もお願いします。

     

    そして帰ります。かなり時間がおしてきたので、ショートカットして帰ります。

     

    途中、走行不能になったトラブルもありましたが、4秒で修理完了です。

     

    意外と穴場の写真スポット。

    17時頃にスタート地点に戻って来ました。

    今回は遠方からの参加ありがとうございます。グランピーはYouTubeを始めてから、色んな場所から来店してもらって、ありがとうございます。

    もし、チャンスがあれば一緒にライドしに行きましょう。

    グランピーでは短い時間、短い距離でも120%楽しめるライド提案中です。そろそろガチな乗り方に疲れた人は、グランピーに来て楽しい自転車の乗り方について語り合いましょう!

     

    2019/05/14 11:55

コメントを残す

.
.-

  • アウトレットセール
  • 雨の日 コーヒーサービス
  • 営業カレンダー

    Calendar Loading
    Calendar Loading
    定休日 イベント
  • Follow us!!



  • カテゴリー

.