.
  • 全国の #短パンサイクリスト に捧ぐ、grumpyが提案する短パンスタイル!

    どうも、短パンサイクリストのエノモトです。(名乗った者勝ち)

    偶然にもWEB情報発信のFRAME/フレイムさんでも 短パンサイクリストの記事がアップされてました。

     

    短パンを履いて自転車に乗った時点で、あなたは #短パンサイクリスト 。

    ま、結論を言うと、膝下とソックスの長さの黄金比があるんです。それは一番最後に語ります。

     

    6月10日までスワーブのポップアップ開催中です!

    シャツやキャップなど、普段では見れないアイテム展示販売中です!当店でも人気のスワーブの短パンを自分なりに解説しちゃいます。好きすぎて2枚持ってるので。

    まず、シルエットがシュッとしてて足が細く見えるんです。

    ベルトを通す部分は細め。いい感じの魅せベルトを使えばワンポイントオシャレさん。

    バックポケットが最高なんです。斜めになってるので、自転車に乗った状態でペダルを漕いでも財布の違和感がないんです。でも、あのジッパーの先端がシャリシャリ鳴って気になることが多々。

    素材が完璧です。大汗かいてもそのシミがバレにくい生地。一瞬触ると生地が硬い印象。でも実際に履いてみると、生地が柔らかくて気持ち良いです。膝前が少し長いので、自転車乗るときに最高です。

    ベルトを通る部分の後ろ部分はリフレクター付き。

    店頭在庫で見ることができます!6月10日までなら、全サイズ揃ってます。この夏短パンサイクリストに入会する方は、スワーブを手にとってみてください。


    ここからは、短パンサイクリストについてです↓

     

    ちょっと文章長いですが、最後まで読めばきっとピッタリなのが見つかると思います!

     

    自転車に乗るスタイルについては、いろんなスタイルがありますねー。サイクルジャージでガチに乗ったり、普段着で乗ったり。それぞれのスタイルがあるので否定はしません。

    自転車に乗ってて、カフェに立ち寄ったり、ショッピングモールに立ち寄ったり、飲食店、本屋など。それらの場所に気軽に入れるスタイルを提案してます。そう!grumpyではカジュアルなスタイルを提案してます。

     

    grumpyにはいろんな短パンがあります!パタゴニア、スワーブ、カフェド、クローム、CCP、トッポデザイン。。。ほぼほぼ持ってるので、自分流ですがスタイルごとに紹介していきます!

     

     

    自転車に乗るんだったら、やっぱり漕ぎやすいスタイルがいい!!って方は、スワーブ、クローム、カフェドがオススメです。

    とりあえず、トッポデザインの短パン以外は、全部持ってるので、分かりやすく解説していきましょう!

     

    【スワーブの短パン】生地だけ触ると少し硬めの印象。そのおかげで脚が細く見えます。伸縮性あって実は漕ぎやすいです。特に、このオリーブ色はいろんなシーンで合わせやすいのでgrumpyでも人気のカラーですね。BK色のTシャツと合わせれば、夏でも最高にクールです。

    クロームの短パンも持ってますが、それよりも多汗かいたときに汗がバレにくい生地にもなってます。汗かく人には嬉しいスタイル!生地自体のほつれや、毛玉もできないし最高です。深めなバックポケットで、お札がパンパンに入ってても財布が落ちにくいんです。

    お尻側の生地は二重になってるので、相当長い期間履けそうですね。

     

    いつも、カッコつけてすいません。これもスワーブの短パンです。ボタン付きのシャツで乗るスタイルもありですね。

    スワーブがお気に入りすぎて、オリーブとグレーの2枚持ちです。そのうち、全色制覇しようと思います。

    スワーブの短パンは、膝前側が少し長いスタイルになってます。スワーブって丈の長さが絶妙!今までの所有してきた短パンの中で、丈の長さ最強です。

    価格は15000円くらい。短パンの中では少し高価な気もしますが、この力説があれば納得の価格でしょう。

     

    【クロームの短パン】伸縮性No. 1!と言えばクロームの短パン!残念ながら店頭にはないのですが念のため紹介しておきます。とにかくよく伸びるんです。U字ロック使わないけど、それを入れるベルト付きです。

    速乾性の良い生地と柔らかい生地!そのおかげでポケットがパンパンになっても違和感なしです。

    自分は見た目以上に、モモがムチムチなので、欠点を言うと、股の部分が擦れて毛玉が発生した事くらいです。

    ロードバイクでも短パンで乗ってもいいんです。もちろんサンダルでも。

     

    【カフェドの短パン】ライド向け短パンの中で、実は一番涼しいんです。このタイプ。まさか、このカラーが似合うと思いませんでした。意外といけるので、チャレンジしてください。grumpyでは、一番オシャレでカジュアルなサイクルウエアだと思います。

    カフェドと言えば、カフェドシクリスタと言って、フランスの自転車ウエアブランドです。本拠地がモナコの横のニース。ニースといえば、海あって山あって、広島の瀬戸内っぽい雰囲気の土地。

    だからじゃないけど、広島の人にもっと多くの人にカフェドを着てサイクリングを楽しんで欲しいですね。カフェで一杯やった後に、サイクリングに出発する。なんかgrumpyみたいなスタイルですね。

     

    左から2番目もカフェドの短パン。瀬戸内に溶込みすぎてますね。

     

    これもカフェドの短パン。カフェドには魂売ってるので、カフェドの短パン2枚体制です。ベルトはタナーグッズ。何気なくベルトを見せる(魅せる)事もサイクリングの楽しみの一つですね。

    バックポケットの右側にはシャレたリフレクター。これがカフェドの特徴ですね!オシャレすぎます。

     

    【パタゴニアの短パン&海パン】自転車用じゃないけど、意外なくらい自転車に合う短パンです。これは、以前しまなみ街道のアロハっぽい場所を走った時の写真です。パタゴニアのアロハシャツに、パタゴニアの海パン。そう海パンです。

    そのまま海に飛び込んでもいいスタイルなので、とにかく生地が軽いんです。海から上がっても、すぐに乾くし。海だと自転車が錆びるから、川までサイクリングして、そのまま川に飛び込む!そうしたい人にオススメのショーツです。自分は長めのモデルを着用。

    長めと言っても、サイクリング用の短パンと比較すると短いです。あと、バタつきやすいので、28km/hくらいからバタバタしてきます。のんびり走るサイクリストにオススメします。

    パタゴニアの海パンは10000円くらい、↓このショーツは価格が7000円くらいなので、短パンサイクリストに入門したい!って人は、まずはパタゴニアから始めていきましょう。

    当然、自転車以外でも着用できますね。休日とか。休日はコレ履いて午前中からビール飲む。想像しただけで最高ですねー。

    MTBライドを楽しむ人はダート・クラフト・バイク・ショーツですね!MTBトレイルライド用に設計されてますが、grumpyで提案してるカジュアルライドにも使える短パン。インナーパッド付きなので、お尻が痛くなりやすい人はコレを是非。

     

    【トッポデザインの短パン】これはデザインが可愛くて、ついつい欲しくなる1枚。トッポデザインのポップアップストアは27日(日)まで!なかなか現物を見れるチャンスないので、ぜひ見にきてください。

    と言う事で、短パンサイクリストへの道のりはすぐそこですね。痛い視線を感じない短パンサイクリスト。始めてみませんか?気楽で楽しいです。

    それに合わせて、ナイスなTシャツ、ソックス、シューズも用意してます。どんな風に組み合わせたらクールなのか伝授します!

    最後に言い忘れましたが、短パンサイクリストには、短パンとソックスの黄金比があります。長めのソックスを履きましょう

    2018/06/02 19:50

コメントを残す

.
.-

  • アウトレットセール
  • jones stock
  • 営業カレンダー

    Calendar Loading
    Calendar Loading
    定休日 イベント
  • スケジュール
  • Follow us!!



  • カテゴリー

.