.
  • 【新展開】グランピーオリジナルバイク、Sig.Randoのについてご紹介。

    毎日使える現代版ランドナーとして誕生した、grumpyのオリジナルバイク”Sig.Rando”。

    流行に左右されず、長く大切に使える自転車を。

    そのコンセプトはそのままに、この度新たな展開を迎える事になりました。


    今回のSig.Randoは、Made in Taiwan。

    以前からご紹介していたカスタム可能なハンドメイドSig.Randoと違うのは、予め仕様が決まっているという所。

    ハンドメイドSig.Randoのご紹介を通して、これがあれば大丈夫だろうという最適案を出し、フレームセットに組み込んだモデルとなります。

    基本的にフレームの各部仕様は今までのSig.Randoと同じなので、こちらのページもご参考ください。

    クロモリ製のフレームセット、フレームビルドは台湾製、フレームペイントはグランピーペイントにて行います。

    フレームサイズはS,M,Lの3サイズ展開となります。

    Sサイズ(身長155~165cm)、Mサイズ(身長165~175cm)、Lサイズ(身長175~180cm)の人にオススメ。

    また、フレームセットは横から見るとこのような形をしています。

    タイヤは650Bサイズを装着しています、イメージの参考にどうぞ。

    ↓Sサイズ。

    ↓Mサイズ。

    ↓Lサイズ。

    今までご紹介していた国産のハンドメイドSig.Randoと各部の仕様はほぼ同じですが、一部変更した点があります。

    マイナーな箇所になりますが、ご紹介致します。

    まずは、上記で紹介したサイズ展開。

    国産のSig.Randoは5サイズ展開でしたが、こちらを3サイズ展開に。

    次に、フレーム後ろ側にある、シートステイとチェーンステイというパイプ部分。

    以前はS字カーブをしていましたが、こちらをストレートタイプに変更しました。

    ↓国産ハンドメイドSig.Rando。

    ↓今回のSig.Rando。

    次に、リアブレーキの台座部分。

    デザインを少し変更し、一体型となっています。

    ↓国産ハンドメイドSig.Rando。

    ↓今回のSig.Rando。

    後は、ブレーキワイヤーを固定するケーブル台座部分。

    極細の結束バンドで固定できる極小サイズを、サーリーやオールシティにも採用されている標準タイプに変更しました。

    ↓国産ハンドメイドSig.Rando。

    ↓今回のSig.Rando。

    以上が主な仕様変更です。パーツ規格は以前と同様になっています。

    ◯主な仕様のまとめ
    ・ディスクブレーキ専用。160mm以上のブレーキローターに対応。
    ・26inchi、650B、700Cのホイールを装着可能。
    ・フロントキャリア、リアキャリア、アンダーサイドキャリア等、様々なキャリアに対応。
    ・センタースタンド台座を標準装備。
    ・ダウンチューブ上部と下部、シートチューブの3箇所にボトルケージ台座を装備。
    ・ヘッドチューブは1-1/8オーバーサイズ。
    ・シートチューブ内径27.2mm。
    ・フロントエンド100mm、リアエンド135mm。
    ・ボトムブラケットは68mmのスレッドタイプ。
    ・セグメントフォークを標準装備。
    ・前後最大65mmまでのマッドガードを装着可能。

    ◯基本サイズ
    ・S 身長155~165cm(水平換算TT528mm、ST470mm)
    ・M 身長165~175cm(水平換算TT550mm、ST530mm)
    ・L 身長175~185cm(水平換算TT573mm、ST568mm)

    ◯価格
    税抜 108,000円(フレーム・フォーク、基本カラー塗装)

    Made in Taiwanとなる事で、よりお買い得な金額でご提案が可能となりました。

    ※基本カラーについては現在検討中です。

    カスタムカラーについては、上記の金額プラス1万円〜お受けできます。

    ◯発売日

    11月中旬以降を予定しています。

    詳細が決まりましたら追ってご連絡します。

    もちろん、ご予約も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。


    グランピーのオリジナルバイク、Sig.Randoについて、よくあるご質問をQ&A形式でまとめてみました。

    質問:「Sig.Rando」って何ですか?
    答え:grumpyのオリジナルバイクです。Sig.は「signature(サイン・署名)」の略語。Randoは「Randonneur(ツーリング用自転車のフランス語)」の略語です。

    「Sig.」はブランドの名前、「Rando」はモデルの名前となります。

    質問:Sig.Randoの特徴は何ですか?
    答え:流行に左右されず、長く使える自転車を。毎日使いやすい事、頑丈である事、カスタムしやすい事が特徴です。色々な自転車に乗ってきたユーザーとして、様々な自転車を組み上げてきた自転車店として、その両方の意見を取り入れた、実質剛健な自転車です。

    ・フレームはクロモリ製、転倒でフレームが傷ついたり、破損しても修理ができます。
    ・フェンダー、センタースタンド、前後キャリア等、実用的な自転車パーツが装着可能です。
    ・フレーム各部の規格は昔からあるものを採用しています。ロード用、MTB用問わずお好きなパーツで組み立てる事ができます。

    質問:フレームセットから組み立てると、自転車の価格はいくらになりますか。
    答え:
    ・Sig.Randoの良いところを最大に引き出し、尚かつ、コストを抑えた組み方 → 35万円前後。
    ・クリスキングやブルックス等、ワンポイントとして憧れのパーツ装着する組み方 → 45万円前後。
    ・憧れのパーツで自転車を完璧にまとめた、いつかは手に入れたい文句無しの組み方 → 65万円前後。

    ※現在お持ちのパーツをご持参いただけると、完成時の価格調整が可能です。
    ※サーリーのストラグラーやディスクトラッカー、オールシティのスペースホースディスクやマッチョマンディスクをお持ちの方は、各パーツの規格が同じである為、フレームの載せ替えも可能です。詳しくはスタッフまで。

    質問:どんな場所を走る自転車ですか?
    答え:アスファルト、砂地、草っ原、林道ダート、走りたい場所を走ってください!

    カスタムによって、オールロードバイク、グラベルバイク、ツーリングバイクと姿を変え、楽しんでいただけます。
    ・ホイールは、26inchi、650B、700Cの3種類が装着可能です。
    ・スリック・ブロックタイヤどちらでも装着しやすいように、クリアランスを広めにデザインしました。推奨タイヤ幅は、26inchiで最小2.2~最大2.35まで、650Bで最大55mmまで、700cで最大43mmです。

    質問:どこで販売していますか。
    答え:grumpyにて販売しております。ご希望の際は直接grumpyまでお問い合わせください。
    ・パーツのお見積もりやフレームのオリジナルペイントも受け付けております。

    質問:身長が150cm後半です。乗れるサイズはありますか?
    答え:あります。身長150cm中頃から180cm後半の方まで、幅広く乗れるようにサイズをご用意しています。
    一般的なツーリングバイクより、トップチューブを長めにデザインしています。
    そのため、通常のバイクポジションをセッティングする場合は、いつもより2cmほど短めのステムを選ぶと丁度良くセッティングできます。

    Sig.Randoについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの特集ページもご参考にどうぞ。

    ◯ご注文・ご質問
    grumpyのコンタクトページからどうぞ。

    2019/10/29 17:44

コメントを残す

.
.-

  • アウトレットセール
  • jones stock
  • 営業カレンダー

    Calendar Loading
    Calendar Loading
    定休日 イベント
  • スケジュール
  • Follow us!!



  • カテゴリー

.