.
  • ピスト乗りなら知っておきたい!固定コグの定番ブランド。EURO ASIA

    自粛に苦しんでるこの頃、製パンにどハマり中の村上です。

    先日は食パンを作り、毎日の朝ごはんにしております。

    自家製のパンでホットサンドライドとか、良いなあ。

    はやくみんなで思いっきりライドに行きたいですね。

     

    と、余談はさておき。

     

    今回は固定コグのご紹介。

     

    最近、ピストに乗り始めた人たち(僕も含め)に

    固定コグの定番ブランドをご紹介です!

     

    コグとは、リアハブにくっ付いている歯車のこと。

    このコグとクランクをチェーンで繋ぐことで

    乗り手の脚力が自転車の推進力へ変わります。

    小さく目立たないパーツですが、自転車の心臓部にあたる重要なパーツなんです!

    コグを変えることでギア比を変えることができ、

    乗るシチュエーションごとに最適なギア比へ変更します。

    もちろんギア比を変えるとチェーンの長さも変わるのでチェーン交換も必要。

    パッと聞くとめっちゃ不便じゃん!って思われますが、

     

    めっちゃ不便です!

     

    だが、それが良い!

     

    最近のキャンプブームと同じ。

    固定ギアは不便を楽しむ自転車です。

    しかし、慣れてくるとまあそこまで不便に感じないこと、不思議。

     

    話がちょっとそれましたね。。

    本題に入りましょう。

     

     

    アメリカのピストライダー御用達!

    Made in USAの、EURO ASIA(ユーロアジア)

     

    上の写真は、最高グレードのGold Medal PRO。価格は19,800円。

     

    正直、このブランドさえ知っておけば大丈夫。ってくらい有名です。

    抜群のチェーン離れを実現させるために表面をチタンコーティングし、抵抗を減らしています。

    抵抗が少ないということは長く使えることにもつながります○

     

    13Tはイエロー、14Tはブルー、15Tはレッド、16Tはグリーン、17Tはブラック、18Tはホワイトの墨入れがしてあり、

    一目で分かるようにしてあります。

     

    個人的には、固定ギア固有のチェーンのカタカタ音が聞こえないのがすごく良いと思いました。

    これは一度味わったら二度と他のコグには戻れなくなりそう。。笑

     

    コグにしては多少お高いですが、ぜひ最高峰を味わってみて頂きたいです!

     

    ちなみに、街乗りで使用するならギア比は2.7がお勧め!

    僕みたいに650Bに太いタイヤのスチームローラーの方は2.4がちょうどいいです。

     

    トレイルを走りたい方は2.0くらいが良さそう。

    (ギア比は、前後の歯数を割った数です。例)46÷19=2.42…)

    もちろん、自分の脚力によっても変わるので、これを基準に色々な歯数を試してみて

    自分に合ったギア比を探してみてください!案外これが楽しいです。笑

     

     

     

    もちろん、これより下のグレードでも十分その良さを体感できるので、

    こちらもお勧めです。

     

    EURO ASIA delux steel track cog(13T-16T)  6,930円

    EURO ASIA delux steel track cog(17T-22T) 8,140円

     

    固定以外にもフリーギアも多数おいてますので

    店頭&オンラインストアでチェックしてみてください○

     

     

     

    〜スタッフむらかみの今日の小話〜

    ギア比をカメラのレンズに例えると、

    2.4は、35mm

    2.7は、50mm

    3.0は、85mm

    って感じ。

    これでいうと競輪選手の乗るトラックバイクは200mmくらいじゃん。

    スポーツカメラマン以外でこの焦点距離持ってる人いたらコレクターやん。

    2021/05/14 18:30

コメントを残す

.
.-

  • アウトレットセール
  • used
  • muc-off
  • 営業カレンダー

    Calendar Loading
    Calendar Loading
    定休日 イベント
  • Follow us!!



  • カテゴリー

.