.
  • グランピーペイントで塗装した、サーリークロスチェック。組み立て完了しました!

    サーリーのクロスチェックを組み立てました。

    今回もgrumpyペイントでオリジナルカラーにペイントしています。

    なかなか渋い一台に仕上がりましたので、ご紹介します。

    fullsizeoutput_71

    今回のフレームペイントは、本体を山吹色に、grumpyのロゴをブルーカラーでペイントしました。

    (新規で自転車をお買い上げの場合、1万円~好きなカラーにペイントできますよ。)

    ハンドルは、grumpyのオリジナルハンドルGH-001

    バイクパッキングやバスケットなど、今後のカスタムで荷物を積むことも想定して幅広いドロップハンドルを選びました。

    fullsizeoutput_76

    バーテープはアクリル製で、耐久性を上げるために天然ニスを塗り込みました。

    これで、日焼けで色が薄くなることも無く、ニスを塗る事でハンドルへの固着力が高まるので、バーテープのズレを気にせずハンドルを握る事ができます。

    仕上げは麻紐を巻き付け、レトロ感ある風合いを醸し出しました。

    fullsizeoutput_78

    fullsizeoutput_77

    今回はバーエンドはブルックスの木製エンドを使用しました。

    IMG_9417

    サドルは、ブルックスのB17インペリアルサドル。

    サドルの上部に穴が空いているので、座った時の圧迫感を少なくなり、乗り心地が良いレザーサドルです。

    実はこちらは新品では無く、お客様の持ち込み品。

    座り心地の良いサドルはずっと使っていたいですね。

    fullsizeoutput_79

    ブレーキは、制動力抜群のポールのミニモトVブレーキ。

    限定のブルーカラーを使用しました。

    実はフレームにペイントした「grumpy」の文字はこのブレーキと同色にしています。

    fullsizeoutput_7a

    IMG_9411

    fullsizeoutput_7b

    ドライブ周りは、フロントシングル、リアはワイドレシオギアでセッティングしました。

    どんな坂道になっても、はたまた、重い荷物を積んでも対応できるよう想定しました。

    fullsizeoutput_7c

    チェーンリングは、ウルフトゥースの楕円タイプ。

    真円チェーンリングとは違った踏み心地で、よりパワーとトラクションがかかる一品。

    fullsizeoutput_7d

    スプロケットは、11-42tのワイドレシオタイプ。

    105のリアディレイラーにウルフトゥースロードリンクDMを装着して、グレードアップしています。

    ロードバイクでも、MTBと同じようなワイドなギア比を選べますので、フロントシングルにした時は合わせてオススメするカスタムです。

    IMG_9415

    タイヤは、grumpyでも人気のパナレーサー・グラベルキング。

    耐パンク性能が高く、舗装路からちょっとしたオフロードまで走り抜くオールマイティなタイヤです。

    通勤やロングライドにも使え、クロスチェックの性格にもピタリと合う一品です。

    IMG_9412

    サーリーのクロスチェックをご検討中の方、完成車なら税抜135,000円~、フレームから組み立てる場合は税抜22万円〜を目安にして見てください。

    予算を抑えるなら完成車で、自分にぴったりな1台を作るならフレーム組がいいでしょう。

    fullsizeoutput_72

    また、下記のWEBページではクロスチェックの記事をまとめて紹介しています。

    ご検討中の方は、ぜひチェックして見てください。

    これからSurly Cross-Check/サーリークロスチェックをフレームから組む人へ。

    また、YouTubeでもサーリー・クロスチェックを紹介しています。合わせてどうぞ。

    2018/11/07 17:59

コメントを残す

.
.-

  • 営業カレンダー

    Calendar Loading
    Calendar Loading
    定休日 イベント
  • Follow us!!



  • カテゴリー

.