.
  • 650B化スチームローラーの良いとこ・悪いとこ

    どうも。村上です。

     

    僕は写真家活動していたのもあり、ブログやSNS、オンラインショップに載せる写真の撮影と編集をやってるんですが、

    自分の作品制作と違って、色や質感を忠実に表現しないといけなくて。

    なかなか慣れるのに時間を要しているこのごろです。笑

     

    以前、紹介した650Bのスチームローラーカスタムが反響良く、使ってる僕自身もすごくかっこいいカスタムだと思ってます。

    なので今回はこのカスタムの肝である650B化(インチダウン)についてご紹介。

     

     

    そもそもインチダウンはディスクブレーキタイプのフレームでよくやるカスタムなんですが

    スチームローラーでやっちゃいました。

     

     

    理由は、大きくふたつ。

     

    ・見た目がカッコイイから

    ・街乗りメインだから

     

    一つ目の”見た目がカッコイイから”はそのまんまの意味でw

    普通だと700-38cまで(それでも太い)入るんですけど

    650Bにすると47まで入るんですよね。

    これってSig Randoとかミッドナイトスペシャルみたいな見た目に近くなる

    ってことじゃないですか。

     

    それにピストのスチームローラーに650Bってちょっと異色でかっこいい!

     

     

    二つ目の”街乗りメインだから”はホイール径が変わるから。

    これはどういうことかというと、

    700cから650Bへインチダウンすることで、こぎ出しが軽くなり、

    エアボリュームが増えるのでふわふわした乗り心地で荒れた路面も難なく走破出来る様になるからです。

     

     

     

    ここまでメリットばかり話しましたが

    もちろんデメリットもあります。

    それは、そもそもスチームローラーが700c用のフレームなのでブレーキの利きが少し悪くなること。

    インチダウンするとリムとの距離が開くのでロングアーチのブレーキに交換します。(テクトロのR559など)

    そうすると力が逃げて効きが悪くなるんです。雨の日なんてほとんど利かない。笑

    それでも止まるのは止まりますが。

     

    あと、BB位置も低くなるので700cと同じ感覚でカーブするとペダルをぶつけます。

    僕は固定ギアでぶつけたのでかなりヒヤッとしました。

     

    こんなこともありますので、650Bカスタムは勇気のある方、おすすめです。笑

     

    すでにスチームローラーに乗ってる方であればホイールとブレーキ交換で9~10万円くらいで出来ます。

    フレームから組むと25~30万円くらい。

     

    grumpyでは48回まで金利を自社が負担する、グランピーローンもありますのでぜひ参考にしてください。

     

    ちなみにフレームの在庫は、grumpyには

    BLACK    49cm    1本

    53cm 2本

    ございます。

     

    ペイントサービスで好きな色にも塗れますので

    ぜひ個性溢れる一台を組んでもらいたいです○

     

    では!

    2021/04/19 14:05

コメントを残す

.
.-

  • アウトレットセール
  • used
  • muc-off
  • 営業カレンダー

    Calendar Loading
    Calendar Loading
    定休日 イベント
  • Follow us!!



  • カテゴリー

.