.
  • 最初の1台は、サーリー・クロスチェックからどうぞ。

    高級な自転車に乗る時に困る事!それは駐輪しておく場所。
    マンションやアパート暮らしなら、備え付けの駐輪場へ深夜に置きっぱなしも気が引けるし、
    屋内に自転車を入れようとしても、部屋の広さに限界があるのは目に見えているでしょう。
    何台も増やして奥さんの逆鱗に触れるのも‥…悩ましい所ですね。

    そんな方にオススメなのはたった1台で何でもできる、SurlyのCross-Check!
    自転車の台数を増やさなくても、オフロード系カスタムでトレイル遊びも出来、シクロクロスのようなレースに参加する事も可能。
    はたまた、通勤用やお買い物用といった実用的な一面も覗かせるスーパー頑丈な1台。
    超自由で何でもあり、そんな自転車をお探しならコレっきゃないでしょう!

    さて、今回組み上げたクロスチェックを見てみましょう。
    各部、全ての箇所に間違いないパーツをセレクトしました。
    ハンドル周りは、シムワークスのシルバーカラーパーツを中心まとめ、統一感ある仕上がりに。

    シート周りにはBrooksのSwiftサドルをチョイス。
    定番のB17と比べると、だいぶ細身になります。
    スピーディに走るスタイルやロードバイクのようなタイヤが細い自転車には、よく似合います。

    ブレーキはPaulのミニモトV。
    クロスチェックに乗るなら、ぜひとも押させておいて頂きたい部品。
    しっかり効き、シンプルなデザインでメンテナンス性も良し。
    どれも高いレベルで実現されている定番ブレーキです。

    Made in Japan。
    クランク部はSugino Mighty Tour 901D。
    長年生産し続けている、日本を代表するクランクメーカー。
    「ザ・クランク」とも言える代表的な形ですが、なかなかこのシンプルな形は無いですね。

    ホイール周りはご存知クリスキングにて。
    Hplussonのクラシカルなリム、THE BOXと合わせて痺れる銀輪仕様になりました。
    ホイール周りのパーツはカラーや仕様によって、入荷に時間が掛かる事があります。
    来年の春にホイールをアップグレードしたい!という方は、今から頼んでおくと丁度いいと思いますよ。

    クロスチェックのフレームは、Grumpyペイントでご希望のカラーに塗り直しました。
    新車をご購入の場合は10,000円〜、持ち込みの場合は20,000円〜お好きな色にペイントできます。
    自転車にご自身の名前やチーム名を入れたり、ステム・シートポストをフレームと同色にしたり、
    そんなペイントもオリジナリティがあって良いですね。

    さぁ、次はどんなクロスチェックが出来上がってくるのでしょうか。
    通勤で使うも良し、健康意地のための運動にでも良し、大学生の旅の相棒にでも良し。
    あなたの好きなようにクロスチェックを組み上げてください。

    2017/11/26 16:08

コメントを残す

.
.-

  • アウトレットセール
  • used
  • muc-off
  • 営業カレンダー

    Calendar Loading
    Calendar Loading
    定休日 イベント
  • Follow us!!



  • カテゴリー

.