.
  • 【ウェア編】マウンテンバイクを最高に楽しむ!おすすめアイテム

    念願のマウンテンバイクは買ったし、さあ遊びに行こう!

    と、思った時に浮かぶ疑問。

    何着ていけばいい? 何がいるの?持っておいたほうがいいものは?

    ライドを重ねるうちに自分に必要なものはわかってきますが、最初のうちは何をどう選べばいいかわからないもの。

    そこで、まだ右も左もわからない人向けにマウンテンバイクを最高に楽しむためのアイテムをカテゴリー別に紹介します。

    今回は【ウエア編】

    冬のマウンテンバイクライドのウエアとウエア選びのコツを紹介します。

    ちなみの日中が氷点下になることはあまりない比較的温暖な地域の方むけのウエア選びです。

    グランピースタイルの基本はこんな感じです。

    途中でコンビニ寄ったり、お昼ご飯食べに行っても違和感ないスタイルです。

    例えば上の写真は自走でトレイルライドへ行く場合の装備。

    ヘルメットは半キャップのジロ モンタロ。

    アウターはパタゴニアのダートローマージャケット。中身はダウンヒルジャージにパタゴニア キャプリーンのような高機能ベースレイヤー。

    ボトムはストレッチの効いたジーパンです。スリムテーパードがすっきりしていて裾を巻き込み難くて調子よいです。 パンツの下にプロテクターも仕込めます。

    シューズはライドコンセプト。

    これに加えて、バックパックがあれば準備OKです。

     

    それでは頭から順に詳しく紹介します。

    ヘルメット

    マウンテンバイクのヘルメットにも、半キャップ、フルフェイスなどいろいろ種類があって、乗るフィールドや乗り方によって向き不向きがありますが、

    ガチなダウンヒルはフルフェイス。

    それ以外は半キャップ。
    みたいな感じでOKです。

    近所のお山を楽しむトレイルライドならまずはGIRO MONTAROのような半キャップヘルメットを選ぶと間違いはありません。

    フルフェイスの安全性、安心感はピカイチですが、自走する場合は息苦しく重量もそれなりにありるのでオススメしません。また、山でハイカーさんなど人と出会った場合はニッコリ笑顔で挨拶が基本ですが、顔面を覆うフルフェイスは表情がわかりづらくこちらにその気がなくても無用な恐怖心を与えてしまうことがあります。常設コースではないトレイルでの着用はやめたほうがいいです。

    そのほかには、GIRO SWITCHBLADEのようにフルフェイスだけどアゴの部分が取り外せるタイプのものもあります。

    基本はトレイルライドだけどたまにダウンヒルコースで遊ぶという人にオススメです。

    ダートジャンプなどやんちゃな乗り方がお好みの人にはこちら。

    スタイル出まくりのジェットスタイルのGIRO TYRANTがおすすめです。

    オンラインショップでMTBヘルメットを見る

     

    ヘルメットと一緒に用意したいのはサングラスやゴーグルといった目を保護するアイギア。

    サングラスでもいいですが、木の枝や土などをばっちり防いでくれるゴーグルがオススメです。

    オンラインショップでゴーグルを見る

     

    ジェケットとインナー

    色々なブランドのジャケットがありますが、中でもパタゴニア ダートローマージャケットがイチオシです。

    シンプルで軽く着心地が良くてとても快適。防風、防水、透湿を兼ね備える3シーズン使えるソフトシェルジャケットです。ウインドブレイカー、簡易の雨合羽としても使えるのでトレイルだけでなく通勤時など普段使いでも重宝しています。

    それなりの価格ですがマウンテンバイクに乗るならとりあえず持っておいて損はありません。また、パタゴニアは万一破れてしまっても格安で修理してくれるのでハードなライディングにも安心して使ってもらえます。

    オンラインショップでダートローマージャケットを見る

     

    ジャケットの中はトロイ リーのジャージ

    さらにその下に高機能のベースレイヤーを着ているとライドで汗をかいてしまっても冷えにくく快適です。

    ちなみに僕の場合はパタゴニアのキャプリーンを着ていてその日の気温に応じて調整しています。

    あんまり寒くない日はキャプリーン・クール・デイリー・シャツ 、

    ちょっと寒いかなと感じる日はキャプリーン・ミッドウェイト、

    めちゃ寒い日はキャプリーン・サーマルウェイト、

    といった具合です。

    必ずしもキャプリーンである必要はないですが、きちんと汗を発散してくれる素材のものがいいです。

    メリノウールのベースレイヤーも暖かく冷えにくいのでオススメです。

    汗を発散しないものは下りで冷えてしまいとても不快です。インナーにそんなにお金出したくないと思う方もいると思いますがお金かけた分快適になれます。

    1枚でガツンと防寒するよりも重ね着して暑くなったらジャケット脱ぐみたいに調整するのが冬場に快適にライドするコツです。  

    オンラインストアで見る

     

    ボトムス

    近所で遊ぶならパンツはカジュアルなジーパンがいいと思います。

    コンビニに寄ってもお昼を食べに寄っても違和感ありません。

    僕はハードに乗ることが多いのでドロドロになっても破れても気にならないユニクロのジーパンが多いですが、AllYoursのハイキックジーンズもいいですね。

    その名の通りハイキックできるほどストレッチが効いてて動きやすいです。

    オンラインショップで見る

     

    シューズ

    まだマウンテンバイクに慣れていない間はすぐに足が出せて安心感のあるフラットペダルがおすすめ。

    世の中にはいろんな靴がありますが、MTBのフラットペダルにはライドコンセプトのシューズが相性抜群です。

    登りなどで自転車を押して歩くことが多い場合は歩きやすいVICE

    ダウンヒルメインならミッドソールが硬く地面からの衝撃が伝わりにくいLIVEWIREがおすすめです。

     

    なぜライドコンセプトがいいの?

    MTBのフラットペダルと相性が良いこと、つま先にカップが入っていて切り株や岩などでつま先をヒットしても安心なのがその理由です。

    たまにランニングシューズのようなシューズで乗っている人を見かけますが、ペダルとの相性はともかく、つま先部分が柔らかくつま先をヒットした場合に悲惨なのでおすすめしません。爪が割れたり足の指を骨折することもあります。

    オンラインショップで見る

     

    バックパック

    ライドには、万一のためにおやつや飲料、工具なども持っていきたいところです。山の上でラーメン作ったりコーヒー淹れたりするのにクッカーやコンロもあると幸せになれます。

    それらを持っていくならバックパックが一番使い勝手が良いですが、グランピーではミステリーランチのクーリー25をおすすめします。

    そもそもハイキング向けのバックパックでMTB用ではないのですがとても調子良いのです。

    まず、なんといってもかっこいい。MTB用のバックパックはいまいちかっこよくないものが多いんですよね。

     

    機能的な特徴は、容量は25L。必要なものはだいたい収まるちょうどいい容量です。

    外側の4つの大きなポケットはボトルを入れたり、ゴーグルを入れたりするのにぴったり。脱いだジャケットを入れおくのにも便利で、いちいち蓋を開けなくても出し入れができるのがポイント高いです。

    特徴的なY字のジッパーも使い勝手がいいです。

    底のほうに入れた荷物もすぐに取り出せます。

    ハイドレーションパックにも対応しているので夏場のライドも安心です。

    フィット感も抜群で、ハーネスなどを調整することでその人の体型や好みに合わせたセッティングができます。ダウンヒル時でもしっかりフィットしてくれていて背中でバックパックが暴れて気が散るということがありません。

    さすがミリタリーを始め山岳ガイドやハンターなど過酷な条件で使用する人々に愛されるバックパックメーカーといったところです。

    ただ、いいことばかりでなくて難点もあります。

    多くのMTB用バックパックには標準装備のヘルメットをキレイに収納するスペースがありません。常に被っておくか、付属しているハーネス類を工夫してヘルメットを収納することになります。ここは割り切りが必要です。

    オンラインショップで見る

     

    これだけ揃えれば楽しく快適にライドできます。

    いっぺんに揃えてもいいし、少しづつ揃えていってもいいでしょう。

    参考にしてみてください。

     

    2021/02/04 12:00

コメントを残す

.
.-

  • アウトレットセール
  • used
  • muc-off
  • 営業カレンダー

    Calendar Loading
    Calendar Loading
    定休日 イベント
  • Follow us!!



  • カテゴリー

.